指の関節炎に頂いた薬 ロキソニン

[投稿者]のぶさ様(福岡県 53歳 女性)

 指の関節炎が悪化して腫れもひどい状態でしたので、整形外科に受診をしました。指から手のひらの腫れと痛みがとても酷かったので、病院の方から処方されたのがロキソニンという鎮痛剤です。
 痛みがとても酷い時期や、腫れの酷い時期は、処方されたお薬を毎日、朝、昼、晩といった食後に1錠ずつ服用していました。期間的には、腫れも治まり、痛みも薄れてきたこともあり、一か月分の薬を処方されていますが、今月から服用を止めています。
 病院から処方された薬が二週間しか渡されていないので、途中でなくなってしまって、病院に行く機会がないので近くの薬の量販店に行き、ロキソニンと同じ成分の薬を見つけて薬剤師から、この薬の成分について怖い話を聞かされました。
 それは、骨が溶けるという言葉を聞いて、できるだけ薬を飲むのを控えて代替品として、ロキソニンよりも幾分が成分がやさしめの鎮痛剤を飲むことにしました。
 薬剤師がいる時しか購入することができない薬であることや、毎食後に飲むという服用法のために、胃が荒れていることもあるので、指が痛まない時には、飲まないでおくことと、この薬は毎食後と記載されているけど、本当なら頓服薬であることを考えたら、痛みが最も激しい時に飲むべきなのではと考えたことと、もう一つは痛みが本当に激痛は治まり普通に生活ができるほどまで回復したことと、痛い時には湿布薬を貼り安静にできるだけする事を考えて、ロキソニンを飲まないようにして、他の鎮痛剤を痛い時に飲むことにするに切り替えています。
 薬屋で、ロキソニンの成分のことや、その薬の情報を知ることが出来たので、できる限り飲まないことを務めてます。鎮痛剤は常用の薬ではなくて頓服薬である意識を新しく持って、痛みが和らげている今は本当に飲まないことにしてるし、痛み出したら幾分弱めの鎮痛剤を飲んでいます。
 ロキソニンや、他の鎮痛剤では、胃がとても荒れやすくて胃が痛みだしてしまって苦しい思いなどがかなりあります。時々は吐き気などがでてくるので食後には必ず服用することにしています。

※体験談の内容は個人の感想です。薬の効果を保証するものではありません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ